透輝の滴の成分 最先端化学の粋を集めたアンチエイジング美容液

美容液の成分一覧

※透輝の滴スタートセット現品から抜粋

 

それでは、透輝の滴の成分について調べてみました。とても特徴のある成分が多く含まれているので、その成分をピックアップしましょう。透輝の滴には、

  • 2種類のEGF成分に2種類のFGF成分
  • その他のアンチエイジング効果が期待できる4つの成分

 

合わせて8つの注目成分(グロースファクター・GF)が含まれています。

 

 

EGF成分はお肌の表皮と呼ばれる部分に、FGF成分はお肌の真皮と呼ばれる部分に作用する成分です。どちらもターンオーバーを促進し、細胞レベルから肌を再生する効果が期待できるとノーベル賞を受賞した成分です。この2つの成分は合わせて使う事でお肌の奥からお肌のサイクルが上がり、シミや乾燥、くすみやたるみなどにも期待できるのですね。

 

残りの4つの成分も先ほどの成分と分子レベルが似ている所からくすみやハリや潤い等に効果が期待できます。

 

またターンオーバーを促進する→肌が若返りする成分が含まれる事から、コラーゲンの生成も促進されハリツヤのあるお肌になれる、と透輝の滴はプロのエステティシャンがNo,1に選ぶ美容液として注目されています。透輝の滴に含まれているのは一時的にふっくらしたお肌を作る成分ではなく、細胞レベルに働きかけてアンチエイジングを目指す成分です。アンチエイジングスキンケアをするには今最も合理的で安全性の高い成分となっています。

 

レビューページの続き「初日の感触」に戻る>>>

透輝の滴美容液を使ってみて刺激はでなかった?

 

透輝の滴を10日間使ってみて、ピリピリするような刺激はでませんでした。私は40近くになってからお肌が敏感肌に傾いて、それ以来使う化粧品は敏感肌用とか、低刺激用のものを選んできました。

 

 

透輝の滴は使うまでは刺激が出ないか心配していたのですが、あの敏感肌特有のピリピリやヒリヒリ感はなく使うことができました。たるみがちだったお肌にもハリが出てきて、何というか「パンっ!」と良い意味でお肌が膨らんだ感じです。

 

 

ただ、透輝の滴そのものがお肌を細胞レベルで若返らせることを目的にしているためか、使った後にお肌が火照る感覚がありました。痛くはないですが「熱〜」って感じですね。

 

 

途中化粧水が足らなくなってプチプラの化粧水とニベアの青缶を使って+αで保湿もしながら使いましたが、使っていてお肌に刺激が出ることはなく、実際にお肌は若返ったようにふっくらしたので満足しています。

 

 

おすすめ関連ページ

透輝の滴を10日間使ってみたら・・・予想以上の変化に自分でも驚きました>>>