【Q&A】ドクターリセラの日焼け止めを徹底解剖!

サンカットクリームチューブ

 

百害あって一利なしの紫外線!肌に直接塗る日焼け止めクリームは、これぞっていうものを厳選したいですよね。

 

ここではドクターリセラのサンカットクリームについて、気になることを徹底的に解剖したいと思います!

 

ドクターリセラってお肌に優しいイメージですが、日焼け止めとしての機能はちゃんとありますか?

まずは基本的なスペックをご紹介します。SPFは25、PA値は++です。紫外線反射材を使うことにより紫外線吸収剤無添加に仕上げています。

 

日焼け止めなのに美容液並みの贅沢な美容成分を配合、基本のベースはもちろんリセラおなじみのアルファグリックス。お肌に優しいのに、日常紫外線を防ぐにはじゅうぶんな機能を持っていると言えますね。

 

日焼け止めは塗り心地も気になりますが、白浮きしないかが一番心配です。

ドクターリセラのサンカットクリームは少しの量でも伸びが良いのが特徴です。伸びが良いので塗りやすく、白浮きしにくくナチュラルな仕上がり。塗った直後は若干白く感じることもありますが、少し時間をおくとなじんできます。

 

日焼け止め使用
※サンカットクリームを実際に手に塗った様子。

 

モチはどのくらい?コスパも気になります。

基本的にドクターリセラサンカットクリームの紫外線防止効果は4時間程度と考えられます。1本で税込4,968円ですが、2ヶ月から2ヶ月半以上は使えるのでコスパは悪くないと言えますね。

 

塗りなおせないという場合は、お昼のお化粧直しのときに上から日焼け止めパウダーを重ねたり、UVスプレーをふきかけたりすることをおすすめします。

 

日焼け止めと化粧下地、二度も塗るのが面倒です。ドクターリセラの日焼け止めのあとは化粧下地が必要でしょうか?

ドクターリセラサンカットクリームは化粧下地としても使えるので、別の下地をもう一度塗る必要はありません。サンカットクリームのあとすぐファンデーションを使える仕様です。

 

使用量はパール2〜3個分が目安ですが、実はこれより少なく使っている方が多いんですよ。しっかり日焼け止め効果を得るために、こちらの動画でご確認されることをおすすめします。

 

 

敏感肌なのですが問題なく使えるでしょうか。

ドクターリセラのサンカットクリームは、紫外線吸収剤不使用パラベンや防腐剤も一切使用していないため、とてもお肌に優しい日焼け止めです。

 

敏感肌の方の口コミでも、『この日焼け止めだけは肌荒れしなかった』というものが多くあるんです。肌荒れするので日焼け止めが苦手という敏感肌の方も、ドクターリセラのサンカットクリームは問題なく使えるようですね。

 

ドクターリセラサンカットクリームは、山や海などのレジャーにはもの足りないかもしれませんが、『肌への優しさと美肌効果を兼ね備えた日焼け止めを日常使いしたい』という方にはピッタリの日焼け止めクリームです。

 

おすすめ関連ページ

ドクターリセラのサンカットクリームを実際に使った方の感想>>>