似ているところ、違うところ、おすすめはどちら?透輝の滴とハニープラセンタ美容液。

透輝の滴とハニープラセンタ

 

幅広い年齢層の方から愛されている美容液、ハニープラセンタ美容液。ドクターリセラの美容液、透輝の滴との共通点はどちらも『洗顔後すぐ付けるタイプの美容液』だということです。

 

ではエイジングケアに使用したいと考えている敏感肌さんにとってはどちらが効果的なのでしょうか。配合成分の違いからじっくり検証してみました。

 

美容液のベースとなる水はとても似ています!

 

ドクターリセラ透輝の滴のベースとなる水は、海洋深層水を特別に調合したα-グリックスという水です。ハニープラセンタ美容液のベースは出雲の温泉水。

 

どちらもミネラルやイオンを豊富に含む水ですから、エイジングケアに最適な美容液ベースを使用しているという点は似ていますね。

 

5つの無添加処方なところも一緒

 

透輝の滴は、合成着色料、鉱物油、合成香料、パラベン、石油系合成界面活性剤の5つの成分を使っていません。

 

ハニープラセンタ美容液は、香料、着色料、活性剤、オイル、パラベンの5つの成分を使っていません。

 

厳密に言うと少し違いはありますが、どちらの美容液も敏感肌に優しいのは同じです。

 

大きく違うのがエイジングケアの軸となる美容成分

 

では透輝の滴とハニープラセンタ美容液が大きく違うところはどこなのでしょうか。それは、エイジングケアに効果的な美容成分が違うということです。

 

透輝の滴に配合されているのは、もともと肌が持っているEGFやFGFといったグロースファクター。それに対してハニープラセンタ美容液のエイジングケア美容成分はハチミツと馬プラセンタ。

 

もちろんエイジングケア効果はそれぞれとても高いものではありますが、敏感肌の方にとっては自分の肌にある成分を多く含んでいるほうがより安心できますよね。

 

美容液のベースとなるのがただの水ではないこと、敏感肌に優しい処方であること、似ていることも多い透輝の滴とハニープラセンタ美容液を比較してみました。

 

敢えて言うなら、グロースファクターがもともと肌にある成分だという点で透輝の滴のほうが敏感肌にはおすすめだと言えそうです。

 

おすすめ関連ページ

グロースファクター配合の透輝の滴を実際に使ってみました。【画像あり】>>>

浸透力の高さが好評価!ハニープラセンタ美容液がおすすめなのはこんな方です。

 

身体に良いだけじゃない! はちみつとプラセンタはスキンケアとしてお肌に塗っても効果が高いんです。そんなハニープラセンタ美容液がおすすめなのはどんな方なのか、今度は口コミを検証してまとめてみました。ぜひエイジングケア美容液選びの参考にしてくださいね。

 

さらっとした美容液をお探しの方

 

ハニープラセンタ美容液の口コミで一番目立ったものが、洗顔後すぐに使ったときに感じる浸透力への評価です。

 

  • 「テクスチャーはさらっとしているのに、肌にのせるとしっとり」38歳 乾燥肌
  • 「すぐになじむので、次に付ける化粧水がぐんぐんしみこんでいく」32歳 混合肌
  • 「べたつかずすぐ浸透するので、朝メイクする前にも使っています。」39歳 混合肌

 

美容液特有のべたつきが苦手な方って案外いらっしゃるんですよね。ハニープラセンタ美容液はさらっとしているのでべたつかずお肌にすぐ浸透してくれます。

 

乾燥だけじゃなく部分的に脂っぽさも気になるという混合肌の方に愛用者が多いのも納得の理由です。

 

エイジングによって角質が厚くなってしまったゴワゴワ肌には化粧水がすぐ浸透しにくいことも。そんな問題を解決してくれるブースターとしての役割を持つ、導入美容液を探している方にもピッタリですね。

 

敏感肌でも安心して使えるエイジングケア美容液をお探しの方

 

ハニープラセンタ美容液はスポイト式なのでとても衛生的に使うことができます。いくら良い美容成分が入っていても雑菌が繁殖したら台無しですし、敏感肌の方にとっては心配ですよね。

 

それにハニープラセンタ美容液は、無香料、無着色、活性剤フリー、オイルフリー、パラベンフリーですから、もちろん敏感肌の方にとっては安心できる嬉しい処方です。

 

サプリで摂ってもエイジングケアに効果的なプラセンタとハチミツ。スキンケアでも摂りたいと考えている敏感肌の方に、ハニープラセンタ美容液なら安心しておすすめできますよ。

 

公式サイト案内バナー