透輝の滴VSビュールハニードロップ! 敏感肌におすすめなエイジングケア美容液はどっち??

透輝の滴とビュールハニードロップ

 

手軽に始められるエイジングケアなら、やっぱり美容液をプラスするのがおすすめです。特に敏感肌の方の場合、今お使いのスキンケアを変えるのってなかなか勇気が要りますよね。

 

ですから、敏感肌でも大丈夫な処方の信頼できるエイジングケア美容液を使うのが理想的。なかでもドクターリセラの透輝の滴とビュールのハニードロップ、どちらの美容液が敏感肌の方にとってはエイジングケア効果が高いのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、敏感肌の方によりエイジングケア効果が高いのは、透輝の滴!なぜかというと…

 

グロースファクターの種類が多い!

 

ハニードロップはエイジングケアには欠かせないグロースファクターを、EGF・FGF・IGFの3種類使用しているのに比べ、透輝の滴はその3種類にさらにEGF様物質といった同じ働きをする成分を合計8種類も配合しているのです。

 

美容液の主体である『水』が違う!

 

透輝の滴に使われている水はただの水ではありません。αグリックスというミネラルの豊富な、特別な海洋深層水なのです。美容液の大部分を占める水がエイジングケアに効果的、かつ敏感肌に優しい水というのは嬉しいですよね。

 

 

30代40代の方がこれからエイジングケアを始めるのに、いちおしの成分は何と言ってもグロースファクター。ビュールハニードロップもドクターリセラ透輝の滴も、どちらの美容液もグロースファクターは配合されていますが、やっぱり種類が多い方がお肌への相乗効果が高いですね。

 

そいういったわけで、敏感肌のエイジングケアに最適なのは透輝の滴ということになりました。

 

おすすめ関連ページ

ドクターリセラ透輝の滴のエイジングケア効果をビフォーアフター画像でチェック>>>

夢の美容成分入り!ビュールハニードロップはこんな方におすすめです。

ではビュールハニードロップはどんな方におすすめできるエイジングケア美容液なのでしょう。

 

ハニードロップのおすすめポイントは何と言っても名前の通り『蜂の子』を使っていること。そしてその天然アミノ酸の豊富な蜂の子を低分子化したのは、ビュールの特許技術なんです。

 

蜂の子は肌細胞を活性化させ、水分保持力を高めてくれることから、『夢の美容成分』と言われています。その夢の美容成分を低分子化することでしっかりお肌に届けることができるんですね。

 

そんなビュールハニードロップはこんな方におすすめです。

  • 月に3,000円台の予算で美容液を探している方
  • 今のスキンケアを変えずに、プラスできるエイジングケアを始めたいという方
  • 蜂の子パワーに興味がある方

1万円を超えるような美容液は買えないけど、安すぎる美容液も効果が心配、という方にビュールハニードロップはちょうど続けやすい値段の美容液です。通常購入は4,000円ですが定期購入にした場合、3,000円で毎月購入することができるんです(しかも初回でも解約OK)。

 

新しくスキンケアシリーズをそろえるのをためらってしまう敏感肌の方にも、ビュールハニードロップは今お使いの化粧水と乳液やクリームのあいだに足すタイプの美容液なので使いやすいかと思います。

 

そして『夢の美容成分』蜂の子の美肌パワーを感じてみたいという方にぜひおすすめの美容液ですね。

 

初回だけでも解約OKの定期コースがあるのは、ビュール公式サイトのみとなっています。

 

公式サイト案内バナー